『元気の出るJunchanのblog』ご訪問ありがとうございます。医療スタッフのメンタルパートナー かたよし純子です♪

今日まで4日間「変化のための選択肢」を挙げてきました。身近なことをほんの少し、変えることで小さな意識が変化が起こります。小さな意識変化から、小さな行動変化をしてもらいたい、そんな意味合いを込めて4日間お伝えしてきました。小さな行動変化は、小さな気づきにつながります。この小さな気づきを大切にしてください。そこから自分の未来を描くのです。描けない未来は達成できません。「そんなアホなこと出来ない…」そこからすべてが始まるのです。人間の進化への欲望が文明を作る。「自分らしい」どんな自分のための未来を創りますか?

 

1.自分らしい変容への3ステップ

1.1 自分らしさとは何か?

1.2 自分らしい行動スタイルを見つける

1.3 なりたい自分の未来像を描く

 

1.1 自分らしさとは何か? 

今回は、サブテーマに、実は「自分らしさ」があったのです。今週は、自分の人生のポジションを確認するためのステップとしてお伝えしてきました。自分の人生は自分にしか描けません。それは、生まれることも、人生を終えることも決めるのはすべて自分だからです。自分自身が自分らしさを見つけるための5日間でもあります。

先日こんなことがありました。看護師である方の話の中で「自分らしさ?」とは?「考えたらよく分かりませんよね?何だろうか?分からなくないですか?」ということを言われていました。すごく考え込んでしまったというのです。そうだろうか?どうして?わからないということばの意味が私にはやや不思議だったのです。「~らしさ」がわからなかったのでしょうか。。。?

今までの4日間、とくに時間、行動、意識とこれらのちょこっと変化をご提案してきた意味は、自分の過去とのフィット感に気づいていただくことと、新たな自分発見のきっかけへのキーワードが見つかればとの意味です。無意識レベルにでも小石が投げ込まれれば意識は必ず気づきます。もう一人の自分「無意識くん」がちゃんとサインを送ってくれるからです。「何か気になる」このことが変容へのヒントです。そして、これらをふまえて、

「自分らしさ」私なりにこのワードの説明をすると、
 ①フィット感がある
 ②過去からのつながりがある
 ③しっかりと未来ビジョンが描ける

この、3ポイントが挙げられます。簡単に3ポイントの説明をすると

 ①フィット感があるとは、

自分の価値観に合っている行動をしている。その他の感情に違和感が無い

自分のイメージに合った行動と表現方法、周囲からの声、過剰な無理をすることなく、さらに心身ともに、心地よい負荷状態がある。ここでの負荷状態とは、ゆるゆるにプラスの適度な緊張感、やりがい、生きがいを日常で感じられる状態「緩急のある向上心を伴う日常」そんな意味合いを含みます。

 ②過去からのつながりとは、

今まで過ごしてきたことには、これからの自分に必ず意味があります。過去は、自分自身の宝物「リソースの宝庫」です。誰に与えられたものでもありません。(親にやらされたと思っていることでも)自分の無意識が選択してきたものです。親に半強制的にやらされたと思っていることでも行動してきたのは自分自身です。「親が…」この感情は、単なる責任転嫁になっているのではないでしょうか。(やや厳しい言い方をしますが)このことの被害者的意識の意味・解釈を手放さないと、先には進めません。やらされたと思っていることからも必ず何か自分にとってのプラスの意味(肯定的意図)があるのではないでしょうか?その部分の意識変化も変容への大きなターニングポイントになるとのです。選択するのは自分自身です。

 ③そして、しっかりと未来ビジョンが描ける

冒頭からお伝えしていること、自分の未来は自分の人生です。未来に照準を合わせて、過去のリソースを活かし、現在を創るのです。未来に必要な思考と行動選択です。さらにどのようなリソースが必要なのか?知識か?人か?お金か?。。。。さまざまな更なるリソースが必要となるのではないですか?

「みんな結婚して幸せそうだなぁ…自分もそろそろ結婚しようかな」これだけでは絶対に結婚できません。自分が活き活きと幸せで生きている感覚がないと結婚も出来ません。自分の未来に生きている、幸福感を感じている状態でビジョンをきちんと描けること。そしてその未来のために今の自分が頑張れるということが「自分らしく」につながると私は思います。

「自分の意思で自分の未来を描き、今を生きること」自分らしい生き方です。

 

1.2 自分らしい行動スタイルを見つける

終わってしまいそうな勢いでしたが、なかなか未来を描くことにハードルを感じているかたも多いのでしょうか。見つけられたら、「このブログは読んでいませんよね?」そうお聞きしたいのですが…笑 今週お伝えしていることは、見つけるための「自分探しのヒント」です♪

大きな変化は、大きなパワーを必要とします。だからこそのプチ変容のお勧めです。変容とは、姿、様子、様相を変えることです。様相とは、五感で表されるすべての情報です。この五感をほんの少しだけ変えてみれば良いのです。

§1では、「時間の見直し」使い方を視覚化してちょっと入れ替えをしてみる

§2では、「空間・場所」をちょっと変える。位置の変化が視野を変える、数分のタイミング変化。

§3では、「価値観・信念」につながる小さか感情の変化を感じることのお勧め。

自分に合う方法を探すための意識変化から、行動は始まります。人には、「優先感覚」があります。自分に合う優先感覚がもし分かっていたら、その感覚に沿った方法を優先的に選ぶと良いと思います。(優先感覚は、こちらのブログの中で簡単に説明しています)

視覚にピンとくる方は、外見をちょっと変えてみる。女性は気分転換としてに美容院に行きませんか?伸ばした髪を切ったり、スタイリングを変えたり…新しいスタイリングにすることからも意識が変わります。特に髪型は人のイメージを大きく変えることも出来ます。髪型にもイメージがありますから自分の顔型や骨格に合ったヘアスタイルがあるのです。似会うこと、プラスどのようなイメージが欲しいかです。私は時々行きつけのスタイリストさんに「こんなイメージで~」それだけでおまかせすることがあります。

外見が変わると周囲の反応も変わります。直接ことばにしなくても「何かBさん、最近雰囲気違うなぁ…」この周囲の感覚が自分自身への関わり方への変化につながります。新しい仕事を任されたり、新たな誘いを受けたり…ほんの小さか変化が大きな変容につながるきっかけにもなります。

イメージが変わることは、周囲からの対応の変化にもつながることがありうるのです。

視覚が合う人は、ふだん身につけない色を取り入れるのもフレッシュ気分に変わりますよ♪

 

sense of oneself

<sense of oneself>

 

1.3 なりたい自分の未来像を描く

美容へ行った時のほんのちょっとの意識変化でも変われることが少しはご理解いただけたでしょうか?何となくから、「意識レベル」ここから未来は始まります。

なりたい自分が見えてきたでしょうか?「でも無理、自分のことばかり言っていられないし…」人は、さまざまな社会の中で生きています。システムの中で生きています。自己中で行動していると必ず歪が生じます。「エコロジーチェックをしてください」昨日§4でお伝えしたことです。「なりたい自分」のイメージに必ず周囲との関係もしっかりと描いてください。結婚したければ、そのパートナーと社会の中でどのような表情で、生活スタイルで活き活きと毎日を過ごしているか、どのような空間で周囲の人たちの声や表情や気持ちを感じられるか、この「メタアウトカム」を五感で感じることが大切です。この部分まで未来イメージが見えることが、「自分らしく、今を生きる」ということだと私は考えます。自分の人生をどうのように生き抜くかです。自分らしさ探しのプチ変容のお勧めなのです。

ここまで5日間書いてきて、気づいたことがあります。「自分らしさ」の意味がわからないというある人への抵抗感が「変化のための選択肢」というテーマで書き始めたにもかかわらず、サブテーマ「自分らしさ」に繋がった~という私自身の無意識のからくりに気づきました。恐るべき無意識です(笑)私の中のある人への自己主張なのかも知れません…苦笑

 

2. 自分の中の「オンリーワン」自分らしさとは

そして、自分がよく分からない…そんな方へ♪

自分のビジョンを描く1つの方法をお伝えします。自分の中のオンリーワンです。今までの自分が信じてきて、馴染み深く、自信が持てることとは未来にもつながります。自分信念や人格を表すキーワードにもつながります。このキーワード「オンリーワン」が見つかれば、「自分らしさ」とは何だろう人生のミッションにもつながるのかも知れません。

「強み」「興味」「価値観」この3つを書き出してみてください。

<強み>

行動でも性格でも何でもOK、これから先の自分自身のリソースにつながることです。過去の成功体験、例えば小学校の時に表彰された、コンクールで賞を取った、先生の褒められた、資格や得意技、この料理には自信があるなどなど。

<興味>

趣味や興味関心があること、楽しいなぁと思えること、好きなこと、これからやって見たいこと、自分の過去から現在までを思い出し、ワクワクするような場面を思い起こしてみるのも良いかも知れません。

<価値観>

大切にしている信条や考え方、生活の中で優先していること、物選びの基準、交通手段を選ぶ時の基準など、日常で守っていることや判断基準としていることです。

これらを書き出せるだけ書き出しみてください。そして3つに共通するものを見つけ出すのです。そのことが自分自身のこの先の道標にもつながるキーワードにもつながります。

 

3. 自己中で生きることと、自分らしくの違いとは

人にはそれぞれの環境によりさまざまな問題が山積みなのが現状でしょう。人生、生きてきて、30歳を過ぎる頃から、家族のこと、子どものこと、そしてこの少子化時代、兄弟少なく高齢となった両親のこともあるのかも知れません。さらに自分の健康のこともある人もいると思います。それらをすべて切り捨てることは出来ません。それぞれの立場での役割をどのようにバランスよく分担するかです。バランスが崩れると「負担」となり、私ばかり何で…と「不満」につながります。「~~するべき」これも、心の負担につながります。

以前、母のことを後回しにした自分を責める私がいました。その時に言われたことがあります。自分を攻めるのではなく、自分が活き活きといるための行動選択をまず考えることが大切なのよ。。。涙が出てきました。

元気な自分が出来る力で両親をサポートすることが大切だと。自分の時間を「犠牲」にして行なっていると考えることが本質から外れているのです。親の介護は、「犠牲」では出来ません。「感謝」からだと私は思います。自分が元気で出来ることをすることが大切だと思っています。50代60代の方々へは、自分の人生は子どもの人生とは違うということを認識してもらいたい。寄りかかる人生ではダメです。ころんだ時に手を借りることと、寄り掛かるのは違います。転ばぬ先の杖をちゃんと今の自分が準備しなければならないのです。自分中心の自己中ではなく、自分で転び方も知り、転んだら立ち上がり方も準備しておくことが大切だということ、人はさまざまなシステムの中で生きているのです。1つのシステムを壊すと、他のシステムも歪が生じます。人間と同じなのです。

心と身体のひとつの有機システムです。

 

今日のまとめ

  • 自分らしさは、「自分の意思で自分の未来を描き、今を生きること」
  • 小さな変化を意識的に行うことから始まる
  • 五感でフィット感あるイメージを描くことが実現につながる

 

今週のblog 

『変化のための選択肢』

§1 時間の視覚化で変える生活パターン」   2017.4.17

§2 空間・場所、日常の中の多様性」    2017.4.18

§3 選ぶ時の基準を考える」        2017.4.19

§4 思考のスタッキングでプチ変容」    2017.4.20

 

<今日の関連blog>

・優先感覚認識してますか?言ったこと 伝わったことの違い」  2017.1.26

・メタアウトカムメタ認知から考える、メタアウトカム」     2017.2.22

 

今日も最後までありがとうございました。

 

※ご意見・ご質問は、こちらからお気軽にどうぞ.

みなさまのお声を楽しみにしております

 

☆Pure Medical attitude ワークショップ情報☆

こちらのおまとめサイトから

 

☆個人セッション特別料金(簡易ストレスチェック付き)でご提案☆

5,000円割引致します。コメント欄に「Blogを読んだ」とお申し出ください。当社オリジナルw-pメンタルチェック(簡易ストレスチェック)を組み合わせたパーソナルセッション。当社の簡易ストレスチェックは、仕事以外のストレス および パーソナル部分も加味した内容になっています。その場で診断からカウンセリングまで実施する内容です。お申込みこちらから ⇨ パーソナルセッション

 

Pure Medical attitude  かたよし純子 Junchan♪  ※自己紹介はこちらから

 

☆アンコモンセラピー読書会☆

毎月、大崎ゲートシティ スターバックスコーヒーで開催しています。ミルトン・エリクソンの戦略的手法を紹介されている名書「アンコモンセラピー」この読書会を毎月開催しています。次回は、4月28日(金)19~20時。ご興味有る方は、アンコモンセラピー読書会(Facebook)または、HPでメッセージをお寄せください。