今年もHealth attitude blogにご訪問ありがとうございます。メンタルも語る臨床検査技師・超音波検査士のかたよし純子です♪ 今日から2020年のブログを本格始動したいと思います。今日のテーマは自分自身への言葉でもあります。

「リアルイメージだけでは、何も始まらない!」

毎年、この時期には「目標設定」「目標実現」関連の講座が目白押し、それにも関わらず日常の多忙さに流されてしまうのか、半年後の6月には既に忘却し、12月には可もなく不可もなく、何となく終了してまた歳を重ねるのが一般的でしょうか。今年はそうならないようにどうやって脱却するのか?

1.変化のための行動「現状・今」を変えたいと思う時

1-1 絵に書いた餅は食べられない

1-2 待っていても始まらない

1-3 どうして、行動できないのか?

今日のプラスα

2.では、どうしたら行動することができるのか?

3.でも、ムリはしないでくださいね

生理検査アティテュード®からのメッセージ

・場の空気、そして聴覚情報からインプットされる指示

 

1.「現状・今」を変えたいと思う時の3ステップ

今年も3日に「目標実現」へ向けての講座を受講してきました。マインドマップを学んでから毎年恒例となっています。

1-1 絵に書いた餅は食べられない

その場では、多くのマインドマップを描きます。ただ、未来イメージを描いただけでは、きっと何も変わらない、変わるわけが無いと私は断言できます。

❍今年も描きました

私のビジョン構築には「マインドマップ」をよく使います。私と名刺交換させて戴いた方はご存知かと思いますが、名刺の裏に描いた自己紹介はマインドマップです。

※関連ブログ「自分の強み・才能」「 健康の基本「身体・歩く・呼吸」

今年・2020年12月31日のマインドマップも描きました。今年の大晦日はまだ自分のビジョンの過程だと思っています。しかし、確実に実現に向けてのステップが明確になってるという前提の元です。

でも、イメージを描いても

イメージに過ぎない...

絵に書いた餅が食べることが出来ないように、

「妄想は夢に過ぎないよね」

そんなことを大半の人が思っているのではないでしょうか。ネガティブな思い込みに対して自己暗示をかけてしまっているのだと私は考えます。その存在そのものにも、気づいてもいない人が多いと思っています。

過去のブログでお伝えした「アンコンシャス・バイアス」とも言える存在です。

❍成功イメージはイメージに過ぎない

マインドマップに描いた絵が下手過ぎて見たくない、そんなこともあるのかも知れません。私も絵を描くのは苦手です。ではどうしてマインドマップを描くのでしょうか?

実際イメージした、視覚的に表現できるものをセントラルイメージとして描きます。そのセントラルイメージに成功イメージへのプロセスを明確化させ、感情を紐付けていく、自分の持つイメージに強い「エネルギー」を持たせることが必要となります。

描いたイメージに行動力を!

※関連ブログ「変化とは何か?

マインドマップ2020

 

1-2 待っていても始まらない

強いイメージを描けばそれで「OK」ではない

「よりリアリティ、詳細なイメージ」そう言われて描く。

さらに「いつから始めますか?」そんな質問もよく致します。よくある「今でしょ!」とも言われるのかも知れません。実際に明確なプロセスを作らなければ実現には到達できません。

毎日眺めていただけでは何も変わりません。行動を始めること、実行へ移さないと実現はする可能性は「0」です。何もせずに、成功へのプロセスが描かれることは絶対に無いとも言い切れます。

行動をすることで得られる何かがある

楽しい気分になりたいから好きな曲をかける

気分を変えたいからインテリアを変える

もっと究極をいうと、生理的欲求を満たすために、生きるために

「食べる」「眠る」「排泄する」という行動

を行っています。マズロー心理学でいうところの、「マズローの5段階欲求」の最下層にあたります。

マズローの5段階欲求 ※昨年の再掲です
「アブラハブ・マズロー心理学」
高次の欲求から
  • 自己実現の欲求 :Self-actualization
  • 承認(尊重)の欲求: Esteem
  • 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 :Social needs / Love and belonging
  • 安全の欲求:Safety needs
  • 生理的欲求:Physiological needs

生理的欲求とは、人間の基本的欲求で、生命維持ためには必ず必要とされる「睡眠」「食欲」「排泄」がこれにあたります。

マズローの5段階欲求

※関連ブログ「人の感情形成の再確認

 

1-3 どうして行動できないのか?

毎年、目標実現セミナーに参加して、「〇〇をします!」そんな宣言をしていませんか?

実際、私も毎年3日にやっています。

その時はその場の乗りで、いわゆる「大衆心理」場の空気に飲まれたような「暗示」にかかっているということもある...そう私は考えることもあります。あぁ...暗示、夢のようなものなのかぁ...そんなことを思い、少しがっかりした方もいるのではないでしょうか。

❍どこにやる気スイッチをつくりますか?

でも、そこが スタートだと私は考えます。

その瞬間、やる気スイッチON!!

になっていませんか?

「スイッチON」にする方法

見つけることが出来ているのではないですか?

その暗示状態を、継続的にONにすれば良いのです。

しかし、

そうすると今度は、もうひとりの自分から、こんなつぶやきが聞こえてくるのかなぁ

そんなのムリ...

何だ...結局は、ムリなんじゃん!

そう思う気持ちを押さえて、最後までぜひお付き合いください。

❍やる気スイッチをつける勇気を妨げるものは?

この「妨害者」は誰にでもいると私は思っています。そして、人によってその「妨害者」は、それぞれ人によって意図が異なります。その存在を意識することからスタート出来るのです。

毎年、目標決めてもどうせやらない...

どうせやらないのに、では

どうして...

時間やお金を割いて目標設定しているのですか?

このブログもここまで読んで戴きありがとうございます。

その理由は?興味を持たれたからでしょうか?

そして、ここまで、貴重なお時間お使い戴き、心から感謝いたします。ありがとうございます。

今年は何かをやりたい!そう思う気持ちを持続出来ない

『ネガティブな価値観』

この「自分を守るための価値観」もうひとりの自分・パートが誰にでもあります。その存在も大切な自分の一部です。そのことを知り、もうひとりの自分を受け入れることでスイッチをONにすることが出来ると私は思っています。

脳は変わること「変化」に「不安」を感じる

 

2.では、どうしたら行動することができるのか?

自分でスイッチをONにする方法を作って置くことができます。

脳の第一言語は「イメージ」で、イメージは五感で脳に認識されます。そして、脳には時間感覚がありません。「過去」「現在」「未来」に関係なく感情がわきます。

まだ起こっていない「未来の記憶」を意識的に創ることもでき、その創った記憶を脳にインプット・刷り込みます。

その刷り込んだ記憶に感情を結びつけます。「記憶のフック・アンカー」です。人は感情で動きます。

より強い、

達成できた状態の『プラスの感情』スイッチ

これを作ることです。

❍やる気スイッチONにする方法

達成した時の「強い感情を伴うイメージに直結するスイッチ」です。

感情は五感「視覚」「聴覚」「身体感覚」、身体感覚は「味覚」「触覚」ですよね。

  • 勝負服、ネクタイやスーツ、この色のパンツで!という方も
  • モチベーションUPするBGM
  • 両手をギュッと強く握ると元気になる
  • 鏡に向かって「ヨシ!!」
  • 好きな香りを用いる
  • 勝負前にこれをいつも食べる!もの「カツ丼」という方も

ようするに、自分がうまくいく方法をセットする、日常的に目にする場所に、成功イメージにつながる物を置くのも効果的です。

以前にも「目標設定、アンカリング・アンカー」関連のさまざまなブログを書いています。合わせてお読みください。

※関連ブログ

この記憶を想起させる「アンカー・アンカリング」のワークも「パーソナルセッション」で致します。お気軽にご連絡ください。

 

3.でも、ムリはしないでくださいね(^♥^)

「出来る!」そう思い込み、ムリしてでも…

「イケイケドンドン」「頑張れーーー!自分」

こんな声に頑張りすぎないことも大切です

❍行動の緩急を忘れずに

交感神経優位が持続すると当然自律神経バランスが崩れてしまいます。休息も必ずとってください。特に大切なのは

睡眠

私自身の経験からお伝え致します。私は元来、丈夫な身体で両親から生まれて来ているようです。子どもの頃から大病せずにこの歳まで過ごすことが出来ています。親には心から感謝しながらも、多少のムリが出来ていたようです。

でも、身体は悲鳴を上げ始めていた…それが、帯状疱疹の発症につながっています。NLPを始めてから1年が過ぎた頃、仕事の土曜日は、AM仕事、午後から講座2本を横浜~都内、終了後は懇親会で終電まで語る...そんな、身体の休息時間が無い状態で動き続けていました。日曜日も同じようなもので、当直明けもそのまま出かけることも...よく動いていました、動けていたという方が良いのかも知れません。

その頃の睡眠時間3~4時間だったかと、新年の目標に「5時間寝る」そんなことを書いていたかと...笑

今、考えると決して笑い事ではありません。睡眠不足はさまざまな疾患の引き金、それこそ

睡眠不足=病気のスイッチON

となってしまいます。昨年末に受けた循環器疾患の講義では、不整脈の原因にも睡眠不足が大きく関与、不整脈だけではありません。交感神経が関係していますので、当然、免疫力も低下します。

身体の緊張を緩めること

『休息・睡眠』

目標達成にも必須です!

❍心の声も、必ず聴いてください

あるコンサルで言われたこと、自分の中に苦手意識が強くあることに対して、指示をされた時のこと...

抵抗感を覚えながらもやりました。でも、

身体にはストレスからと思われる症状が…

意識は「できるじゃん♪」「OKだよね~♪」そんなことを思いながらも、

無意識は「・・・涙」

意識レベルは「出来る!出来る!簡単じゃん!」こんな、イケイケドンドンです。言葉は「大丈夫」を言い続けながらも、自分の身体のウィークポイントはしっかりと「ムリしてるよね...おい、自分らしくないよなぁ」そんな反応していました。

交感神経が優位な状態が持続し、体内ではストレスが持続され、どんどん加算されていく状態、身体を守る機能が破綻し、その時に身体に生じる変化は、自分のいちばん弱い部分に身体症状として出現し始めたのです。

❍心と身体はシステムです

こころが叫ぶ「ムリ」を受け入れたことで、身体はいとも容易く元気になっていきました。

自分には自分に合うやり方でよい

周囲のサポートに踊らされることも大切ですが、それが逆に負担となると「ストレス」となってしまい、本末転倒となってしまいます。自分も自分の周囲も笑顔で目標は達成されることは、必要不可欠です。

心が疲弊しているときは、必ず「身体のサイン」として現れています。

そのサインに気づくことも大切ですよ。そのムリは、今は大丈夫かも知れません。でも近い将来、身体の症状として顕著に現れるのではないでしょうか。

※関連ブログ「炎症性腸疾患「潰瘍性大腸炎」は身近な疾患、増加してます

横顔

 

生理検査アティテュード®からのメッセージ

毎年1月3日に目標実現講座に参加するわけ

冒頭でもお伝えしましたが、毎年新年3日に開催される講座を受講しています。

1日集中で行われる「目標実現GIFT」を受講してマインドマップを描くのか?7時間の講座で今回も9枚のミニマインドマップとフルマインドマップを描きました。

常設講座となっているために、内容は毎年、大きく変わることはありません。でも、あえて参加しています。

その理由は、

場の空気とエネルギー

そして

聴覚情報からインプットされる指示

同じ講座を受ける多くの仲間、5人・6人グループが5組みんなが自分の2020年を思い描きながらマインドマップを描く…自分の内面に集中する場の空気感、催眠の空間とリンクする…特別な空間

❍いつもとは異なる空間、そこで受ける違う刺激

自分で自己催眠を行い、未来ビジョンを描いていくことも可能です。しかし、自分以外の他者からの「ことば」によって思考が動くということが重要なこともあります。

その理由は、

自分が課す質問とは異なる情報として

聴覚からインプットされる

❍経年変化、時代の流れ…?

10年継続して受講していますが、時代の変化を感じました。以前は、セミナー参加者のほとんどが懇親会へそのまま移動、後からの懇親会のみの参加者もいました。

そして、その場での話が濃い!そこで知り合ったメンバーは、その後も友人として無くてはならない存在となった人も多くいます。学びに対しての意識が高く、興味関心が広く、深い...さまざまな化学変化が起こる場でもあります。たくさんの刺激を受けることが出来る、そんな時間でした

この数年「おとなしくなった」そんな、ちょっと寂しい印象だったなぁ。。。

_20200105_110154

Pure Medical attitude

生理検査アティテュード®

Junko katayoshi

今日のまとめ

  • 単なるイメージを持つだけでは実現できない
  • 目標実現には、強い感情を伴う、五感でいつでも描くことができるスイッチをつくる
  • 自分の中のアンコンシャス・バイアスを知ることで前進できる

 

『2020年 Pure Medical attitudeからのお知らせ』 

2020年の目標設定
実現へのアプローチもサポート致します
あなたのスイッチをつくります
『出会う人が元気になっていく』

セッション後の方の表情は...

張りつめた緊張がほぐれ、笑顔を見送る時間...

それは『Office Pure』の至福の時間、最幸のギフト

心と身体のトータルパーソナルセッション
health attitude session
心と身体をトータルサポート

『心の荷降ろし』

変われない理由は何もない。

必要なスイッチは個々に異なり、1つとして同じものはありません。

共通することは「変わりたい意思と行動」

そして必要なのは変化への望み・気持ちのみです。

Pure Medical attitude/Office PurePure Medical attitudeのカウンセリングともコーチングとも受け取れる、自分の可能性を引き出す独自の「心と身体の個人セッション」です。

話せることだけで大丈夫

会うだけで大丈夫

それが始まりだからです。

心と身体のトータルパーソナルセッション

人に会い、エネルギーを受け取ることを大切にする

じっくり、しっかりと寄り添いながら、新しい自分発見のケアとカウンセリングそして「自分基準」を明確にしていくサポートをさせて戴きます。

お年玉企画!

ブログのご感想お寄せください!

パーソナルセッション20%OFF

させていただきます。

2020年 心と身体のパーソナルセッション はこちらから。

お申し込みの際に「ブログのご感想・ご要望」をメッセージ欄に、ご希望の日時とともにお書きください。

「健診結果」の評価・対策もいたします。年間サポートもぜひ、ご相談ください。

※ブログやセミナーに関する、ご意見・ご質問などお問合せは、こちらからお気軽にどうぞ

みなさまのお声をぜひ、お寄せください!楽しみにしております!

 

『Pure Medical attitude』過去のブログ

関連ブログ
最近のブログ
※ご意見・ご質問は、こちらからお気軽にどうぞ

みなさまのお声をぜひお聞かせください!お待ちしております!

Pure Medical attitude 

生理検査アティテュード®

代表 かたよし純子 Junchan♪  ※自己紹介はこちらから

臨床検査技師/超音波検査士/健康管理士一般指導員/健康管理能力検定1級/介護予防運動指導員/米国NLP協会認定NLPトレーナー/臨床心理学 および 基礎エキスパート取得

今日も最後までありがとうございました。

アンコモンセラピー「ワンコイン¥500」読書会

ヒプノセラピーにご興味ある方、ご参加お待ちしております!

米国の精神科医ミルトン・エリクソン博士は、発達障害だった?!2020年1月のアンコモンヘッダー

催眠療法の大家とされる、精神科医エリクソン博士は、変わった子どもと言われ、さまざまな感覚障害を持ち、読字障害、失読症ともいわれ、さらに色盲に音痴だとされています。そのエリクソン博士「ミルトン・エリクソンの戦略的手法」を紹介されているこの本の読書会です。心理療法にご興味ある方、ぜひ、ご参加お待ちしております。次回は2020年1月31日となります。

お申し込みはこちらから

2020年1月のアンコモンセラピー読書会Part2 ~ミルトン・エリクソンの世界~