実践できるとは?!

 

左脳と右脳のコンディショニングを実践します!

 

10月の実践できる健康講座のテーマは
『アレルギー』

 

 

アレルギー研究は日進月歩。

今、あなたの知っている

「アレルギー疾患の概念と治療法」は、新しいですか?

今回のTHINK YOUR LIFE

「実践できる健康講座」では、アレルギー疾患の概要

および

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係について

説明していきます

そして

『HEALTH TALKING』との違いとは?

左脳で得た知識を日常的に実践に向けるための

右脳のトレーニングです!

THINK 10月ヘッダー

アレルギーとは?

今では誰もが知っている「アレルギー」という言葉ですが、今の50歳代以降の方々が、子どもの頃はおそらく、大学病院など最先端の医療施設に通院していなかった限りは、「アレルギー」という病名はあまり聞いたことがなかったのではないかと思います。

「アレルギー」という言葉が初めて登場したのが、1906年と、実はかなり昔からその存在が知られていました。その後、1923年にアトピーという言葉が初めて使われ、その後ようやく1967年になって、アトピーに関与する因子(当時はレアギンと呼ばれていた)は、IgE(免疫グロブリンE)であると、日本人によって明らかになりました。

この、アレルギーに関与する因子(IgE)は、あきらかに存在し、アレルギーの研究は1970年以降になって、ようやく、本格的に研究が始まったとされる実は、比較的新しい分野なのです。アレルギー診療の専門家を育てるアレルギー学会の設立も、1952年(昭和27年)であり、日本アレルギー学会認定医制度といって、アレルギーの専門医師を育てる制度が始まったのが、1987(昭和62年)年10月と、2018年現在、まだ31年しか経っていません。

そのため、日本におけるアレルギーの専門医師の数(2018年6月現在、認定専門医は4500人に満たない)は患者数と比較すると圧倒的に少なく、地域によっては、アレルギーの専門医師に受診できるアクセスが、決して充実しているわけではありません。

また、通常の外来では、医師側もゆっくりとアレルギーという病態のことや、治療方針について、細かく説明している時間もないため、「アレルギー」という言葉だけが先行してしまい、患者側が、アレルギー疾患について、きちんと学べる機会はあまりありません。

  • 第一部:アレルギー疾患の概念と、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係
  • 第二部:アレルギー症状の緩和、脳のコンディショニング方法の実際

<開催日時>

10月7日(日)14:00~16:30 ※開場13:45~

<参加費>

5,000円 ※税込5,400円(資料代・お茶代)

<特典!>

過去にHEALTH TALKING または すくすくトークにご参加されている場合、

10% OFF!! ※税込 4,860円で受講できます!

<開催場所>

Office Pure 「Pure Medical attitude」

※JR鶴見駅西口徒歩10分

※お申し込み後、会場までの詳細をお送りいたします。

<参加人数>

先着6名様までとさせていただきます

お名前
E-mail
郵便番号
住所
電話番号
受講セミナー名
受講日
受講場所
メッセージ
決済方法

 上記内容で間違い無ければチェックを押して送信ボタンを押してください。

<主催>

THINK YOUR LIFE
主催 THINK YOUR LIFE

 Well being lab 代表 もとしろ けいこ

 Pure Medical attitude 代表 かたよし 純子

今回の講座の関連ブログ